SUBARUファン

SUBARU車をこよなく愛する者のブログ

過去ログページ

スバル WRX 新型、米10ベストエンジン受賞

スバル WRX 新型、米10ベストエンジンに日本車で唯一選出

S4

 

スバルの新型WRX用の直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンが『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2015」に選ばれました。


10ベストエンジンは1995年から始まり、「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10台が選ばれる。

選考条件は、2015年3月まで米国市場で継続して販売、車両価格は6万ドル(約710万円)以下となっている。

米国仕様は、最大出力268ps/5600rpm、最大トルク35.7kgm/2000-5200rpmを発生する。

『ワーズオートワールド』誌のエグゼクティブエディター、トム・マーフィー氏は、「ある編集者は、歴代最高のエンジンと評価。また、ある編集者は約12km/リットルの燃費性能を高く評価した」とコメントしている。

 

出典:http://response.jp/article/2014/12/11/239391.html



posted by ヒトシ at 17:13 | Comment(0) | スバル新車情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STIから300台限定 スバルフォレスター tSのインプレッション

オンロード走行に合うように設定した「フォレスター tS」がSTI(スバルテクニカインターナショナル)から300台限定で発売されました。まず、速攻で売り切れるでしょうね。

フォレスター tSのボディーサイズは4595×1795×1700mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2640mm。車両重量は1620kg。2015年4月5日までの期間限定販売で価格は435万円。

サスペンションに手が加えられて、ドイツ系SUVの味が濃い。締まりの効いた硬いサスペンションは乗り心地は決してよいとはいえないが、突き上げ感が少なく余韻が残らない。ギャップを通過した後のボディー振動が少なくワンアクションで納まる。これらは、フレキシブルドロースティフナーやフレキシブルサポートサブフレームリヤ等によるボディー補強が功を奏しているためとという。

搭載する水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ「FA20」エンジンは、最高出力206kW(280PS)/5700rpm、最大トルク350Nm(35.7kgm)/2000-5600rpmを発生。トランスミッションはリニアトロニックCVT。ブラックを基調としたスポーティなインテリアは渋い。

posted by ヒトシ at 16:03 | Comment(0) | スバル新車情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【SUBARUレヴォーグ】Revorgの試乗日記

レヴォーグの試乗報告です。

11_s

・内外装
国内専用モデルだが、インプレッサ以上WRXに劣らない骨格設計
・『インプレッサ』がベースだが『WRX S4』と開発が同時進行だったのでボディやシャシーの基本部分がWRX系と共通でありしっかりした仕上がり。
・外観デザインは古典的ステーションワゴンでボンネットフード上のエアインテークも極古典的。
・インテリアはに関しては走行モードを切り替えるSIドライブボタンがステアリングに設けられたこと以外はインプレッサと共通。
・ラゲッジスペースは十分広い。リヤシートは分割可倒式で自在な使い方が可能。

・走り
素晴らしいのひとこと
・特に新開発の1.6リットルエンジンはいい。125kW/250N・mの動力性能は他社エンジンに負けていない。直噴ターボエンジンでも世界初のレギュラーガソリン仕様で、アイドリングストップ機構が装着されるなど、燃料経済性を高める技術がいろいろと盛り込まれている。
・燃費はそれなり。

・ハンドリング
とてもよい

・1.6リットル車と2.0リットル車では4WDシステムが異なるが、想像していた以上の回頭性を示した。
・トルクベクタリングという機能が全車に標準で備えられ、コーナーでは内側のフロントタイヤに軽くブレーキをかけ、外側のタイヤの駆動力を高めるように機能する。
・ビルシュタイン製のショックアブソーバーを採用した「GT-S」は素晴らしい。

・価格
ちょっと高いのでは・・・
価格はやや高め。「1.6GT-S アイサイト」は本革シート付きで320万円弱、「2.0 GT-S アイサイト」はほとんどオプションなしで360万円弱。

 

・松下氏の評価は・・・
■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

出典:【スバル レヴォーグ 試乗】1.6リットルエンジンの走りが特に良い…松下宏

posted by ヒトシ at 03:02 | Comment(0) | 試乗日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。